骨盤のゆがみと姿勢

骨盤のゆがみの原因は姿勢の悪さ?

骨盤,ゆがみ,姿勢

 

姿勢が悪いのは背中が真っ直ぐに伸びていない事が原因で、本来人間の身体は綺麗なS字カーブを描くように背骨が曲がっています。そしてそのS字カーブに沿って筋肉が付いていくが、背骨がI字のように真っ直ぐに伸びると背中の筋肉と腹筋の筋肉のバランスが崩れて姿勢が悪くなります。

 

多くの人は背中と腹筋の筋肉のバランスが崩れて猫背になり、骨盤が歪んでしまいます。ただ姿勢が悪いと骨盤が歪んでしまうだけではなく、骨盤が歪んでいる事で姿勢が悪くなってしまいます。姿勢が悪い事が原因で骨盤が歪むのかは、どちらもあります。

 

それはどちらも元々骨盤が歪んでいたために、姿勢が悪くなったためです。人間の背骨は綺麗なS字でそれに沿って筋肉が付くが、骨盤が歪んでいると背中と腹筋に付く筋肉のバランスが崩れてしまいます。綺麗にS字カーブに沿っていた背骨が筋肉のバランスが崩れて、歪んでしまう事があります。

 

このような骨盤の歪みと姿勢の良さと悪さは密接な関係があり、いつまでも綺麗な姿勢と身体でいたいのであれば骨盤が歪んでいる場合は矯正しておくと良いです。骨盤を矯正する事で姿勢が正しくなり、姿勢が悪いと反対に骨盤が歪んでしまう原因になります。

骨盤に影響する正しい姿勢と悪い姿勢の違い

骨盤,ゆがみ,姿勢

 

正しい姿勢は耳と肩、骨盤、くるぶしが一直線に並びます。自分が出来ているか分からない場合は壁に背中を付けて立って後頭部と肩甲骨とお尻と踵が壁に付いた状態で腰と壁の間位に手が1枚入る程度の隙間が出来ていると正しい姿勢です。

 

基本より骨盤を少し前傾させても問題なく、この場合はお尻と踵が壁に付いた状態で腰と壁の間に手が2枚入り肩甲骨と後頭部の間に手が1枚入ります。腰と肩甲骨と後頭部と壁の距離は骨盤の前傾具合により更に大きくなるが、大事なのは上半身は基本姿勢と同じである事です。

 

骨盤の前傾はスポーツ等で前方に移動する時に有利に働き、基本姿勢よりもエネルギー消費が大きいです。悪い姿勢は一般的に多いのが、猫背反り腰です。背中の部分は若干の猫背と腰部分は若干の反り腰になっています。耳と骨盤がそれぞれ理想の直線からずれていて、お腹を突き出した形になります。

 

壁を背に立つと後頭部とお尻に壁が付かないで、腰に負担がかかり腰痛の原因になります。お腹を突き出しているので、実際以上に太って見えてしまいます。後傾は骨盤が肩より前に出ていて、壁を背に立つとお尻が壁に付かないです。

 

これも腰に負担がかかり、腰痛の原因になります。他には、反り腰の腰椎前腕と猫背の胸椎前腕、頭部前方位があります。

骨盤に悪い歩き方

骨盤,ゆがみ,姿勢

 

骨盤に悪い歩き方は、簡単に言うと左右均等の足の運びでなくなっている歩き方をしている場合です。例えば右足は前に出るのだが、左足はあまり前に出ないような歩き方をしている人は骨盤も右側が前面に出てきて、左側は後ろに下がった状態になります。

 

極端な歪みのある人は自分でも歩き方が均等でない事に気付く事もあるが、多くの人は自分が左右均等に足を運んでいるように見えていても実際には片足の足の運びがスムーズに前に出ています。しかし、反対の足はあまり足が前に出ていない場合が多いです。

 

この歩き方で毎日1万歩近く歩いていると、1年で365万歩骨盤を歪ませるように歩いてしまうため徐々に骨盤もずれてきます。やがては腰痛等色々な部位の痛みの引き金に、繋がります。自分の歩き方は意識をしていても中々分からないので、誰かにビデオカメラ等で録画してもらうと良いです。

 

しかし人の歩き方を習慣的に見ていない人にいきなり歩いている動画を見ても、歩き方に左右差があるのか分からないです。自分の歩き方が左右均等であるか判断するには、自分の足の親指の爪をチェックします。左右同じ爪の形をしているかチェックして、万が一爪が一方に比べて反り返っていれば、骨盤を歪ます歩き方をしている可能性が高くなります。

骨盤の歪みを改善する美姿勢エクササイズ

骨盤,ゆがみ,姿勢

 

美しい姿勢を作るには、毎日の努力や理想のボディバランスを支える筋力等色々な要素が必要です。美姿勢の要には骨盤が挙げられ、骨盤身体の中心に位置していて美姿勢のパーツの1つです。整った骨盤はそれだけで下半身をスッキリさせて、何枚もの骨から成るため歪みやすいパーツでもあります。

 

美姿勢を作るには、骨盤の歪みは大敵です。美姿勢を作るための骨盤エクササイズは、寝る前の5分の骨盤リセット方があります。やり方は仰向けになり膝を揃えて、腕を身体の横に伸ばします。息を吸いながらゆっくりと吐きながら脚を倒して、倒した脚と反対方向に顔を向けます。

 

反対側も同じように行います。呼吸をゆっくり行いながら、左右各3回ずつ行います。ポイントは膝を倒した時に両膝が離れないように意識をして、更に意識が出来る人は両足も離れないように意識をします。内腿を意識すると、離れにくくなります。

 

ヒップは思い切り縦になるように倒して、腰が気持ち良く伸びる事が感じられる程度がベストポジションです。呼吸をゆっくり行い、肩を床方向に近付けていきます。無理矢理行って押し付けると肩関節を痛めるので、肩の重さを利用して気持ちの良い所まで行います。

 

入浴後の骨盤がリラックスしている状態で行いましょう。

ラルフィン骨盤ガードルのご注文はこちら!トップページへお尻のセルライトが目立つ方、パツパツの太ももを細くしたい方はトップページのラルフィン骨盤ガードルの詳細も確認してみてください。